ドッグフードに使われる穀物の種類について

ドッグフードに使われる穀物の種類について

ドッグフードに使われる穀物の種類について

ドッグフードは犬の主食ですから、肉食動物の犬には動物性タンパク質があれば栄養は足りています。
しかし100%動物性タンパク質のドッグフードはあまりありませんから、どうしても穀物が含まれる物を選ぶ事になります。
肉食動物の犬にとって肉以外の物は消化するのが苦手です。
そのため、どんな穀物が使われているのか、というのを飼い主があらかじめ知っておく必要があります。

ドッグフードのパッケージを見ると、どんな材料が使われているか書いてあります。
原料によっては健康に直結するようなアレルギー問題もあるでしょう。
穀物として多く使われるのは小麦、トウモロコシ、大豆です。
この中でも特に小麦における食物アレルギーには十分注意する必要があります。
フケの量が増えた、下痢や嘔吐を繰り返すようであれば、すぐにドッグフードを変えましょう。

穀物アレルギーの場合は、穀物不使用のドッグフードを選ぶのが大切です。
アレルゲンを排除できますし、犬に必要な栄養をしっかりと補えます。
ただし穀物不使用のドッグフードは少し価格が高めですが、アレルギーを起こす心配がないのはメリットです。
穀物は本来犬に不要な物ですから、なるべく体に優しいドッグフードを与えるようにしましょう。