アレルギー対策のドッグフード

アレルギー対策のドッグフード

犬にもアレルギーはあります。
特に食物アレルギーの場合には、ドッグフードにアレルゲンが入っていると、風邪に似た症状でもある咳・鼻水といった症状や、下痢や嘔吐といった重大な症状を引き起こしてしまいます。
愛犬を悲しい目にあわせないよう、アレルギー対策にはどんな方法があるか知っておきましょう。

人間がそうであるように、アレルギーがある場合はアレルゲンを排除しない限り症状は改善されません。
犬の食物アレルギーはドッグフードの見直しが必要ですが、その前にアレルゲンの特定も必要です。
どれがアレルゲンになるかは、個体差がありますので、動物病院でアレルギー検査をしてもらえばすぐにわかります。
自分でアレルゲンを突き止める事もできますが、これには多くの時間と手間が必要ですし、アレルゲンが特定されるまで犬も辛い思いをします。

犬のアレルゲンとなりやすいのは、牛肉、小麦、鶏肉、大豆、とうもろこし、卵、乳製品、添加物などが挙げられます。
こうして見ると人間と同じだという事がわかります。
最近は室内で飼育される犬も増えている事から、ハウスダストやダニがアレルゲンになる事も少なくありません。

アレルゲンがはっきりしたら、すべて排除します。
中には市販のドッグフードが食べられなくなる事もありますが、こういう場合は飼い主さんがアレルゲン以外の食材で手作りドッグフードを作るか、アレルギー専門の手作りドッグフードでオーダーメイドする事もできます。
愛犬の健康を考えたドッグフード選びをしていきましょう。